我が家の正月・2012

20120103.DSCF2363.png「年を越した」という実感があまり湧かず。
とても静かに新年を迎えた感じがする。
年を取ったせいかな?
若い時分は時計を見ながらワクワクしたものだけど。(遠い目)
—————————————————–

元旦は家でお節をひたすらつついていた私達。
今年はいつもと違い、「日本の正月」を意識して。。。
お節も品数を増やし、お重箱に詰めた。(いつもは皿
色々縁起を担ごうと・・・こんな量になっちゃったw

「ちょこっとだけど、いつもよりは手をかけたものを」
と、私が言うものだから。
naruも「おいらも作る!」と、初挑戦のミートローフを。

新年早々、やっちまった感満載のお節になりました。
とても美味しくいただきました・・・。
ああ、今年も痩せないのかも。

2日は実家での新年会。
家族集まり、賑やかに過ごすことが出来ました。
母の作るちらし寿司、美味しかったです。

3日は近くの神社へ初詣。
初めて鐘つきを体験!やはり「いつもと違う」正月。

ちょっとだけでもいつもと違う事をするって、実は冒険。
今年は小さな冒険を重ねて、ひと回り成長したい。
・・・・・もちろん、体型以外よ。

カテゴリ: つれづれ | リンク |

3 Responses to 我が家の正月・2012

  1. ベル :

    手作りのお節、素晴らしい品々ですね。。!
    人参が綺麗にお花の形に切られているところにも
    手を掛けているのがよく伝わってきます。
    うちのお煮しめなんてごった煮みたいになっちゃいました。。
    ミートローフもなんて、おご馳走です。
    来年は我が家も少し手を掛けないと、、と思いつつ
    絶対年末には気持が萎えて「また買っちゃおう」となる予感がすでにひしひしです。。

  2. まにまに :

    ミクシのつぶやきで拝見しましたが、フランスでお節を準備なさっているとは!すごいと思いました。俄然、やる気が出ましたよ。我が家の栗きんとん、実は手抜きでして・・・(^_^;)お芋は『蜜芋(安納芋)』を使いました。糖度が高く、焼き芋にすると色鮮やかでクリーミーになるんです。それを練って栗に和えただけなんです。クチナシの準備が出来なかったのと、naruが栗を好きではないので、この方法にしました。私は栗きんとんを食らい、naruは芋きんとんを♪
    そうですよね。昔の事を口にするのが歯がゆかった「あの頃」・・・。私の場合、去年も「昔は」になってしまう。ミドル級のミドルです。

  3. まにまに :

    ベルさん家のお節画像に毎年やられていた私。どれもこれも手が込んでいて、一年の初めに相応しい華やかなお節。。。「もっと我が家のも手をかけねば・・・!」と思っていました。が、やはり我が家のは手抜きありありの内容です(^O^)
    それでも年々、少しずつではありますがお節らしい感じに。今年は自己満足ですが「やってやったぞ」感が。量だけはきっと負けてないかと。
    naruのミートローフは、ベルさん家のローストビーフに影響されたものではないかと。材料は全く違いますがwいつもと違う、年初めの食卓。気が引き締まったように思います。身体は引き締まりませんが!